So-net無料ブログ作成
検索選択

Sri Lanka, Marquesas, Eq-Guinea; [国際の電波のこと。]

4Sはこれまでずいぶん交信してるんですが、
2QSO分しかCFMできていない鬼門なEntityです。
今回はこのドイツチームのおかげで
各所回収できると期待しております。

マーケサスも何気にできているバンド少ないので
今回上積みを図りたいところですが
自由になる時間が少なく2バンドNewにとどまりました。
まぁまたActivityが期待できるので。

そしてLA7GIA Kenによる3C、これは何としても
QSOしたいATNO物件であります。

一昨日できたと思って夜に一人ガッツポーズしたのですが
翌朝clublog様からなんとNILのお告げが。

あぁ。

昨日一日仕事の集中力にキレがありませんでした。

South Georgia and Guinea; [国際の電波のこと。]

VP8STIが出来てうれしかったのですが
VP8SGIは期間中まるまる出張東京におらずOUT。
クラスタや各局のブログを見てため息をついておりました。
STIに比べて強かったそうですし....

さて現在QRVの3XY1Tですが、これまで1QSOしかない
Entityですので是非とも複数化しておきたいところ。

なかなか聞く時間と合致するパスに恵まれずにいましたが、
昨日ようやくQSOできました。

しかし当方では良かったのは昨日だけのようで、
前半戦聞けてないのが痛かったか。
今日の30C/17Sも弱かったですし、
もうCycle24は厳しいですかね....

South Sandwich-2; [国際の電波のこと。]

悪天候で撤収方向へ、という情報がありましたが、
夕方40Cの信号が確認できました。

今日は住宅地ノイズもなく、
快適にパイルに参加しておりましたが
1時間ほど呼んでいるうちに
聞こえなくなってしまいました。残念。
NA東海岸方向向けの運用に
切り替えたのかなと思ったら、悪天候がさらに
凄まじさを増したようで、(風速114Kmって....)
ついに運用を断念した模様。

さて当方、土曜日に30CでQSOできました。
まさに滑り込みセーフ。
しかし前述の悪天候の影響でしょう、ログのupdate
1日遅れだったため、昨日一日気が気ではありませんでした....

FT5GAもTI9/3Z9DXもE30FBもK1Nも厳しかったですが、
今回はこれまでのPediの中で最も厳しかったです。
(あ、もちろん一番手強かったのはできなかったK5D、です)

さすがはmost wanted #3 でした....

それよりもものすごいBlizzardの中、
クルーと船員たちが無事帰還できますよう。

South Sandwich; [国際の電波のこと。]

しかしここまでは聞こえません。
A=32とかだし。しかし神々な先生方はQSOされています。
耳いいんだろうなー。

昨日の30Cはやっと長時間聞こえていて参戦。
「JFG」までは帰ってきたように聞こえたのですがダメでした。
僕じゃなかったのでしょう。

30Cのほかには40S/C、20Sで信号を聞きましたが
いずれもウチでは弱く、期待できない感じでした。
そのなかでは40Sが一番強かったでしょうか。

今朝も早起きしてアンテナぐるぐる回してみましたが
20Sで欠片しか聞こえず。15Rもふわっと信号が
上がって、交信が見えましたが数分で見えなくなりました。

仕方がないのでK5Pを埋める。
こちらは40-10mまで出来たので満足!

Palmyra; [国際の電波のこと。]

K5Pは予想通りNA/EU指定で始まっておりまして、
聞くだけ無駄状態が続いておりましたが、本日12/40mで
交信できました。ホッ。

ATNOではないのですが、only 1 QSOだけだったので
複数化できてよかったです。

それよりも年末のP5/3Z9DXが出張中でできなかったのが
残念です(家にいてもできなかったかもしれませんが)。
疑う記事も出ていますがWFWLですしね。

そしてZL9Aも聞けるのは2日間しかなかったのですが、
1日は聞ける時間はすべてEU/NA指定、2日目は最終日
朝頑張って20zに早起きしたらちょうどQRT....

最近そんなのばっかりになってまいりました。

VP8も後半はほぼ出張と重なっており、
かなり厳しいです。

できる範囲で頑張るしかないですねー。

Autumn sunset time; [国際の電波のこと。]

超久々にRIGの前に座ったらMonk Apolloさまが
おいでになってるらしい。
久々に鼓動QRQで15mをLPに向けてみるものの
聞こえず。

JAが呼んでいるCalling FreqとEUが呼んでいる
Calling Freqが綺麗に違っているのが興味深い。

早々に諦めてspotが上がったAFや深いEUを聞きに行くも
やはり聞こえず。

まぁこんなもんでしょ、という晩秋の夕方。

Chester field; [国際の電波のこと。]

久々にRIG電源入れました。
ログを見たらほぼ半年ぶり、よくないですねぇ。

TX3XとT2GC、S9SPと交信できてほっとしております。

年末以降のBIG Pedi's には、対応しないと、ですね。

Mt.Athos; [国際の電波のこと。]

Mt.AthosへのYLチームのPedi、canceledらしい。

チョットは期待していたのですが、
その一方でやっぱりな、と言う感じも。

やはりApolloさんと巡り合うしかないのか。

うーん、自由になる時間が少ないので、
今のままでは難しいですねぇ。

VK0EKが年末から3月にずれたのは
個人的には朗報。年末は期間中3日しか
ワッチできないことが分かっていたので、
気を揉んでいた。

年末から春までは大勝負ですね。

CFM QSO 25years before [国際の電波のこと。]

先月の話になるが、家を掃除してたら
80年代90年代の紙ログが出てきた。
アドカラーとかJARL標準のとか。
キャー[るんるん]
懐かしく中を見てると、
基本国内コンテスト中心なのだが
中にはDXも。
そんな中今や超レアなJohnston Atoll
AH3Cとの1990年のQSOが。
確か当時は連日のように出ていて
レア感なかったような記憶が。
で、請求してみたのが連休前。
それが昨日届いた!
25年も前なのにしっかり管理されて
いるものと感心。

でもATNOではなく、CWモードNEW。
調子に乗ってトルクメニスタン
探してみたけど、ドジョウは二匹
いなかったです。

Super A class Pedi's Rush; [国際の電波のこと。]

VK0H, 3Y/b, KH5/p. VP8/sg, VP8/sg,
P5, とここまで並んでもすごいのにこの上に
FR/Jと来ました。

来冬はそんなにワッチ時間とれるんだろうか....
時間の自由は以前ほどではないし。

さて最近はCY0/VA1AXC聞こえず。
OX3XRも弱い。

成果なし。